IC bingo(IC-BINGO) With, the game which uses the medal with the arcade game (generally known medal game) It is one genre.

One world was predominated in the eighties in the world of the medal game, but there is also change of prayer layer and inclination etc. of the operator, presently, in the country the little quantity is business work only has done gulp down. Among the medal game numbers it is few, the person who knows as "the machine whose with your own capability acquisition of the medal are possible", it has become the existence which is known.

Table of contents

How basic to play of IC bingo

Speaking simply, it is the machine in order to play the bingo which is played be possible to make a party game, as one for one person.

As for the machine, it is possible to roughly classify to 2 parts of the board surface and the card conditional display surface. pin ball, those where number up to 25 was shaken from 1 and, "RETURN BALL" those which are written exist at a time the respective each one.

The optional quantity throwing the medal, BET it does the prayer, in the particular game, (you bet) due to especially, on the card conditional display surface it decides "condition", it rams down and the ball of the metal make to the board surface making use of the plunger (the ball is circulating in inside, being automatic has become in the mechanism which is set to the plunger), dropping to the hole, continuing in either of the vertical & side diagonals vis-a-vis the number on the bingo card, it lines up, the sea urchin it arranges, (or the color which is appointed with that board surface to division of the same color you insert) due to especially, (basic red Yellow they are 3 colors of green, but blue and the orange it exists according to circumstance) it decided beforehand the medal which is responded as "an allotment", it is the game which can acquire the medal with "condition". When procedure is shown simply, as follows is.

  1. The medal is thrown.
  2. Sphere is struck until 5 spheres it is decided.
  3. When the number has lined up, pushing the count button, it makes decide.
  4. 1.It returns.

3.Being important, when the number lines up, pushing the count button which is on the coin input port right, note is necessary in being the operation that it makes the acquisition medal decide. Furthermore, count can do 3 spheres the point in time when it strikes (when 4th sphere has been a plunger) from.

Those which can operate the prayer are as follows.

  1. When the medal return lever (the throwing medal is plugged, you use.)
  2. The plunger (it is the stick of the spring being attached, when setting forth sphere, you use.)
  3. When the BET button (doing BET from the medal which enters into credit, you push. Red is general, but the type which has the button where three characters differ (later description) it is.)
  4. EXTRA button (yellow general. When liking to receive EXTRA ball pulling out selection, you push.)
  5. The count button (when becoming a state where allotment can be obtained, when you push, count starts with the machine, becomes acquisition of the medal (or the OK game (later description) it starts).)
  6. The magic screen operational button (there is the right and the left. Whether or not it can move, it depends on condition (later description).)
  7. The continual throwing button (collecting the medal to credit, when liking to throw, while pushing, when 1st it throws, it is convenient.)
  8. When the paying out button (paying the medal which enters into credit, you push.)
  9. Summary throwing button (part type. Pushing when the BET button is pushed, 10 it is possible. to receive pulling out selection at one time)
  10. The stand very thing (lower part thing "of technique and notice" reference.)

Condition

"Condition", the particular game which inserted the medal regarding this game you play, (you have a match) at on, with the machine pulling out contents of the allotment which is chosen and, degree of freedom for the game, collecting thing such as the favorable treatment in addition for allotment, it is something which is named. That it is inscribed basically entirely in English before doing operation with IC, it is thought as the for the sake of example is taken in the mechanic bingo which does similar thing with the relay switch. In addition, because on the glass board surface these indications are done basically with the incandescent lamp, to call that condition is formed "illumination", it is general regarding this game. Because of this, with main story thing there are times when the fact that condition is formed is inscribed "illumination".

Contents of condition

Degree of freedom (the possibility chance of medal acquisition spreading) those regarding

The magic screen, there is no IC bingo and the て is one of those which do not become. This is the device which is transfigured to completely another card originally "the line" only by moving the panel which the card of the bingo which does not exist, is prepared. It is something where mechanically, connecting the metallic plate in the long shaku aspect, it puts in a state where it crimps, this it places before the board which expresses the bingo card, it makes slide with the motor. Usually, original position here is expressed 0 when,

OK 0 ABCDEFG

The way, on the left 2 lines, width in 7 lines is prepared on the right. Why whether the left side is OK, it is thought that it has been derived from the later mentioned OK game.

If actually, there is no at all condition, the normal bingo card the length and breadth slanted total have no other choice but to 12, the area "of h" type of the alphabetical character and the area "of concave" type of Chinese character appears by obtaining the condition of the magic screen, in addition, there are also times when color other than 3 colors of the basis appears (the orange and blue). As for the area, because the part where it has been connected at length and breadth, can be considered equality, it is possible the proverb ball not to have lined up and to be able to connect to medal acquisition also the て. In addition, there is many a thing where special condition is attached concerning each area of the orange and blue. Thing of these areas, in IC bingo there are times when it names "the section".

Magic screen and condition

マジック・スクリーンは、当然の事ながらプレイヤーに有利に働くため、その動作には制限が設けられることが多い。基本的にはBEFORE 4th(4球目を打ち出す前までスクリーンの作動が可能)条件であるが、メダルを投入して抽選を受けることにより、BEFORE 5th(5球目を打ち出す前まで)やAFTER 5th(5球目を打ち終えた後でも)といった優遇権利を獲得することも可能である(ただし、マジック・スクリーンを動かせる権利が発生した時点で優遇の権 利も一緒についてくる(点灯する)場合がある)。 ただし、5thが点灯しなかったからといっても、赤や黄色の★がROLLOVER LITとして点灯することがあり、これらは盤面下部左右にあるスイッチをボールで押下させると、黄色い★でBEFORE 5thが、赤い★でAFTER 5thにそれぞれ格上げされる条件である。(当然ではあるが5球目を打ち出した時点で黄色★が点灯している場合は、通過しても意味がないので消灯する。)

得点(獲得できるメダルの量)に関するもの

まず、配当の基礎は色別に決められる。メダルを投入するごとに抽選が行われ、10段階のうちのどこになるのかが決定する。一度決定した配当の条件 は、決して下がることはないのが特徴である。最低は3並びの4枚、最高は5並びの600枚である。また、この配当は並んだ個数に応じて異なるように決めら れており、3並び、4並び、5並び(パーフェクト)の3つの数字が常に提示されている。点灯したランプの位置に、下から「16,50,96」と記載されて いれば、3並びで16枚、4並びで50枚、5並び(パーフェクト)で96枚のメダルを獲得することができる、という意味である。

また、色については、並んだ(あるいはセクションで入った)色に対して最も高い一つの配当が付与されるため、例えば緑色のラインに2カ所の3並びが完成したとしても、配当の対象になるのは3並び1つだけである。

          

マジック・スクリーンがDまで点灯すると、一緒に条件として点灯することがある。イエローとレッドの各スーパー・セクションがあり、イエローは黄色に黒の縦縞(ただし阪神タイガースと の関係は特にないと思われる)、レッドは赤色に白の縦縞で表現がなされている。スーパー・セクションの条件が点灯していない場合は、これらのセクションは ただのカラーセクションとして扱われるが、点灯した場合は、各々のエリアに対して、実際に入った球数に1球を加えて取り扱うという有利な条件を得ることが できる(ただし5球入れても、配当は5並びである)。

          

マジック・スクリーンがFまで点灯すると、ブルー・セクションの条件が点灯することがある。ブルーセクションは、基本的に3つの数字からなり(機種 によっては4つ)、セクション内に2個あるいは3個入れることによって、その時点での緑5並び(パーフェクト)と同じと見なされるなどの特典が用意されて いる(緑の得点となるため、別の緑ラインやセクションで3球並べてもメダル獲得とならない)。機種によっては、緑の得点ではなく、別個に100枚や200 枚という形で設定されているものもある(この場合は、緑に別途並べると緑の枚数を獲得することが可能である)。

また、これ以外には「リターンしていない第1球を○○番に入れた場合は緑は最高段階まで格上げする」などの特別な条件が機種によって設定されていることがある(当然、点灯することが最低条件である)。

          

マジック・スクリーンの「OK」が点灯すると、「3 OR MORE IN ORANGE SECTION SCORE AS GREEN」の条件が点灯することがある。この時オレンジセクションに3個以上ボールを入れることで、ボール個数に対応した緑スコアを獲得することができ る。但しスコアカウントをする際カウントボタンを長く押しすぎると、カウントされずに直接OKゲーム(下記参照)開始となるので、注意しなければいけな い。

          

マジック・スクリーンが「OK」と点灯している場合には、スクリーンを左側に動かす事により、オレンジ・セクションが登場する。このオレンジ・セク ションに2球以上の球を入れることにより、メインのゲームが終了した後に、「OKゲーム」という、新しい別のゲームに挑戦する権利を得ることができる。た だし、OKゲームを開始するためには、「当該ゲームで獲得しているスコアのカウントが全て終わっていること」と、「カウントボタンを少し長めに押すこと」 が必要である。

OKゲームでは、あらかじめ条件が定められており、概ね緑の得点条件に沿って決まることが多い。緑の得点が第三段階(3並びで8枚未満)ま ではほとんどの機種で同じ条件が提示されるが、第四段階(3並びで16以上)以上になると、段階に応じてそれぞれ異なった条件が提示され、スーパー・セク ションや、ブルーセクションが点灯した状態でのゲーム、また格段に高いスコアとよい条件でのゲームが用意されることがある。

また、OKゲームには、少ないメダル数で点灯するうえに1球でOKゲームの権利を得られるが、お世辞にもよい条件とは言えない、いわば初心 者向けの「BEGINNERS OK」や、なかなか点灯しないものの、点灯すれば格段によい条件が提示される「SUPER OK」を搭載する機種も見受けられた。

OKゲームでも、その他のルールは通常のゲームと一切変わらない。強いて言えば、さらなるBETを行わなければ「OK」が点灯することはないということぐらいだろう。

OKゲームとは、条件のよい追加ゲームを無償(条件をさらに上げようとBETをしなければ)でプレイすることができる条件、ということが言える。

エキストラ・ボール

エキストラ・ボール(EXTRA BALL)とは、読んで字のごとく、追加のボールである。通常ゲームで用いる5個の球以外に、BETを行って抽選を受けることにより、当選すると払い出さ れるボールのことである。なお、1ゲームで利用できるエキストラ・ボールは最大3球までとなっている。

エキストラ・ボールは、5球目を確定させた後に、黄色のボタンを押すことによってBETが行われる(クレジットにメダルがない場合は、その 後メダルを投入する必要がある)。エキストラ・ボールの抽選を受けているときには、条件表示面最下部の「EXTRA BALL」が点灯する。間違って「EXTRA BALL」が点灯していないときにメダルを投入すると、次のゲームへのBETとみなされて、新しいゲームが始まってしまうため、特に大きなEXTRAに挑 戦しようというときには注意が必要である。

表示部分は、「1st」「Extra」「Ball」「2nd」「Extra」「Ball」「3rd」「Extra」「Ball」という風に、一つのボール表示が3つの区画に分かれており、抽選によって3つすべてが点灯しないと、エキストラ・ボールを得ることはできない。

エキストラ・ボールは、その性格上、あと1球で高配当が得られるような状態であるときには、抽選を行ってもなかなか当選しないことが多々あるので、状況を見極めて抽選を受けるか否かをよく考える必要があるといえよう。

ICビンゴを遊ぶ上でのテクニックと注意事項

台を揺らす

ICビンゴは、ピンボールのような外見をしてるうえ、プランジャーでボールを打ち出すという動作はピンボールそのままのため、打ち出した球をただ見ているだけではなく、台を揺らして球をコントロールすることにより、自身に有利な場所へ持って行くという技術が重要である。

しかし、揺らすという行為については、ピンボールと同様、TILT(ティルト)になる危険性との背中合わせになる事を忘れてはならない。 TILTになった場合は、現在プレイしているゲームは無効になってしまい、残りの球があったとしても無意味なものになってしまうからである。

揺らすことによって、入れたくない番号にボールを入れることを回避し、本来狙っている、メダルをより獲得できる場所へボールを誘導するとい うのは、物理法則に則った行為であり、センサーによってTILTが宣告されない限り、正当な行為である。従って、ICビンゴにおいては、この技術がものを 言うことは間違いのない事実である(自分の実力でメダルが獲得できる、とは、まさにこの部分によるところが大きい)。

条件を吟味する

ICビンゴは、メダルを投入してBETするたびに、条件が上がるか否かの抽選を行い、結果を即座に盤面に表示する。一般的に、得点が上がる ときはスクリーンなどの条件が悪くなり、スクリーンなどの条件が上がるときには得点が悪い、ということになるが、メダルをBETし続けると、ある程度は条 件が共に上がっていくものである。

しかしながら、この条件はBET数によらないため(運がよければ2枚でスコアがどんどん上がることもある)、現在投入している枚数と、提示されてい る条件、そして自分の実力を見極めた上で、ゲームをスタートさせなければならない(1球目を打った時点でBETはできなくなる)。ギャンブルに必須の「駆 け引き」は、ICビンゴにおいてはこの部分で表面化するのである。


この「BETにより条件が抽選される」仕組みは、他社製ビンゴゲーム機においても、セガの「WORLD BINGO」や「BINGO CIRCUS,PLANET,PARADE」では同じように利用され、 2004年にはプッシャーマシン「ガチャマンボ!」の「カプセルチャレンジ」における条件抽選などにもこの仕組みが採用されている。

カウントするまで確定しない!

ICビンゴでは、ゲーム結果によってメダルを獲得できる状態となったときには、3球目を打ち終えた時点(4球目がプランジャーに出ている状 態)からカウントが可能となっている。カウントしないままTILTとなったゲームでの獲得や、カウントしないまま間違えて次のゲームのメダルを投入してし まう(初心者に多かった)と、獲得できるメダルが消滅してしまうため、獲得が内容に見えても、ひとまずカウントボタンを押すというのが間違いを防ぐために も重要なことである。

また、OKゲームは、当該ゲームで獲得できるメダルを全てカウントし終えた後に、カウントボタンを「少し長めに」押すとスタートするため、この操作にも注意が必要である。

主な機種と機種ごとの特徴

(まだまだ機種は他にもあり、要調査)